結婚相談所では婚前交渉はNG!?実際のところを調べてみた!

結婚相談所の婚前交渉はOKかNGか

婚活に結婚相談所を利用する予定の皆さま、結婚相談所によっては婚前交渉が禁止されていることをご存知でしょうか? 婚前交渉とは、結婚前の性交渉のことです。

実は、結婚相談所によって婚前交渉に関するルールが異なります。そのため、結婚相談所に登録する前にルールを確認する必要があるのです。

そこで今回は、結婚相談所の婚前交渉についてリサーチしてみました! 婚前交渉を禁止している結婚相談所の特徴婚前交渉を禁止する理由など、調べたことをまとめてお伝えします。結婚相談所について情報収集している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

結婚相談所によってはOK

婚前交渉を禁止している結婚相談所もありますが、実は婚前交渉に関してはとくにルールをつくっていない結婚相談所もあります。

婚前交渉を禁止しているのは、おもに小規模でIBJ結婚相談所連盟に加盟している結婚相談所です。

一方、大手の結婚相談所の多くは婚前交渉を禁止していません。

禁止していないとは言え、中には「婚前交渉についてのルールはありませんが、なるべく避けてください」という結婚相談所もあるようです。もちろん「婚前交渉についてのルールはございません。ご自由にどうぞ」というスタンスの結婚相談所もあります。

さらに、婚前交渉について利用規約などに記載している結婚相談所もあれば、問い合わせてみなければ分からない結婚相談所も。

大手の結婚相談所だから婚前交渉がOK、またはIBJに加盟している結婚相談所だから婚前交渉がNGということではないので、よく確認してから登録しましょう。

婚前交渉とみなされる行為

IBJ結婚相談所連盟の『お見合いルール&マナー交際編』によると、婚前交渉とみなされるのはおもに以下の行為です。

  • ・外泊
  • ・宿泊を伴う旅行
  • ・性交渉
  • ・同棲

これらの行為が発覚した場合は、成婚の意思に関係なく成婚とみなされて成婚退会手続きをすることになるようです。

では、なぜ婚前交渉を禁止する必要があるのでしょうか?

婚前交渉を禁止する2つの理由

結婚相談所のカウンセラー

結婚相談所が婚前交渉を禁止する理由は、大きく分けて2つあります。

1.トラブルを防ぐため

1つ目の理由は婚前交渉によるトラブルを防ぐためです。

婚前交渉によるトラブルとは、たとえば性病感染妊娠など。

結婚を前提に親交を深めているのだとしても、婚約前に性病感染や妊娠が発覚すればお互いの両親からの信頼を得られなくなってしまうでしょう。

また、婚前交渉による痴情(ちじょう)のもつれもトラブルの原因と考えられます。痴情のもつれとは、男女の恋愛感情による揉めごとがおさまらなくなくなることです。

たとえば、どちらかが本気になった末に成婚にならなかった場合は、性交渉があったかどうかでトラブルになる可能性は大きく異なります。

一般的には、性交渉によって相手への思いを強める女性が多いのに対して、男性は性交渉をすると女性への思いが冷めてしまうケースが多いようです。女性にしてみれば、性交渉の末に交際をお断りされると、思いが強くなっているだけに納得できないケースもあるのではないでしょうか。

中には、女性の両親が婚前交渉に腹を立てて結婚相談所に怒鳴り込むといった特例もあるそうです。婚約をしてからスキンシップを図れば、おそらくこのようなトラブルは避けられますね。

2.会員の質を保持するため

2つ目の理由は、会員の質を下げないためです。

婚前交渉が禁止されていない結婚相談所の場合は、真剣な婚活以外の目的で登録する人がいます。

反対に、婚前交渉が禁止されていれば相手の同意を得られない可能性が高いため、性交渉を目的とする会員は自然と減るでしょう。

真剣に婚活している人にとっては、安心して活動できることは結婚相談所を選ぶうえでの最低条件ですよね。もし「質の悪い会員が多い」などのうわさが流れれば、結婚相談所にとっては大損害だと考えられます。

質の良い会員を増やすためには、結婚相談所にも最低限のルールが必要なのです。

違反したら「成婚」扱い

婚活女性が驚く

婚前交渉に関するルールを破った場合、多くの結婚相談所では「成婚」とみなされます。

【成婚とは?】

「成婚」とは、その名のとおり結婚が成立することです。

結婚相談所によって成婚の定義が少し違うこともありますが、基本的には結婚に向けて真剣に交際すると決めた状態を指します。

IBJによると、婚前交渉だけでなく

  • ・結婚の口約束をした
  • ・交際期間が6か月を経過した

などの場合も「成婚」とみなされるようです。

では、婚前交渉をすると「成婚」扱いになるとはどのような意味でしょうか?

IBJによると、

婚前交渉や外泊、宿泊を伴う旅行をしたことが判明すると成婚のご意思の有無にかか関わらず、成婚とみなし、成婚退会手続きを行っていただきます。

とのことです。

「成婚の意思の有無にかかわらない」とは、つまり実質的には成婚料と同額の罰金を支払うのと同じ意味と捉えられます。※成婚となったら成婚料が発生する結婚相談所の場合です

中には、成婚となった際に成婚料が発生しない結婚相談所もあります。成婚料が発生しない結婚相談所の場合は、婚前交渉のルールを破ると成婚料の代わりにペナルティを科すことがあるようです。

さらに注意が必要なのは、婚前交渉に誘った側だけではなく誘いを受けた側も同じペナルティを受けるということ。

「誘いを断りづらかった」
「何となく流されてしまった」
などの理由だとしても、ルール違反をすると成婚となっていないにもかかわらず成婚料を支払う羽目になってしまいます。

婚前交渉が禁止の結婚相談所を利用するなら、トラブルやペナルティを防ぐためにもルールを守って利用しましょう。

まとめ:誠実な相手を見極めよう

必ずしも婚前交渉が間違っているとは言えません。とは言え、婚前交渉が禁止されていると知りながら誘ってくる相手は、自分で「私は誠実ではありません」と言っているようなものですよね。

幸せな結婚をするためにも、誠実な相手を見極めて親交を深めてほしいと思います。

» 結婚相談所の口コミ比較ランキング