結婚情報サービスとは

結婚相談所は結婚を支援してくれるサービス


これは最もメジャーな結婚情報サービスといえるでしょう。新聞やネット広告でよく見かける大規模会社が中心でオーネット、サンマリエ、ツヴァイ、ノッツェが大手4社といわれています。結婚情報サービスといえばこれのことを指すといっても過言ではありません。

全国に数万人規模の会員がいるため、希望通りの相手が見つかる可能性も高くなっています。会員一人にマンツーマンでカウンセラーがつき、マッチングから交際、結婚まで付きっきりでサポートしてくれます。

料金形態は入会金で3万円〜20万円程度、月額費用で1万5千円程度となり、年間でみると10万円〜25万円くらいが相場となっています。ただし、これは基本料金となるため、選択するコースや時期によって数万円前後してきます。月額制ではなく年間一括払いのところもあります。サービスによっては成婚料が必要な場合もあります。

選ぶ際の注意点は休止・退会の仕組みです。マッチングがメインのサービスですので、交際したいと思う人が見つかったら、休止なり退会することになります。しかし、そもそも休止ということができないサービスや退会自体にお金がかかってしまうこともあります。また、年間一括払いのサービスですと、退会できても月割りでの返金がないところもあります。

この点はトラブルの原因となりやすい点ですので、選ぶ際は初期費用や月額料金だけでなく、休止・退会の仕組みがどうなっているかも吟味するようにしましょう。

この点は実際に利用したユーザーの口コミが参考になるので、結婚相談所の比較ランキングを参考にしてください。

気軽に参加できるお見合いパーティー(婚活パーティー)


カップリングパーティとは結婚を前提に交際を考えている男女が集まるパーティのことです。基本的には主催者がパーティの司会・進行を進めるため、参加者はお互いに会話やイベントを楽しみながら、交際相手を探すことができます。

パーティの内容は席を順に代わりながら、全員と話ができる形式がオーソドックスですが、最近では立食形式や、ゲーム形式、一緒に料理を作る形式、観光に出かける形式など、様々な種類のパーティが開催されています。

参加者の属性別でパーティが開催されることも多く、20〜30代限定やアラフォー限定、バツイチ限定などパーティによって様々です。男性の職業や年収を限定することもあり、医師・弁護士限定、年収600万円以上限定など、ピンポイントで結婚相手を探している女性にはありがたいパーティもあります。

参加料金はパーティの内容にもよりますが、2000円〜7000円程度が相場となり、女性のほうが安く設定されていることがほとんどです。

選ぶ際の注意点としては、結婚相談所のような集客力のある主催者を選ぶことです。というのは個人や中小事業者が主催者の場合は集客力が弱く、参加人数に達しない場合はサクラを用意することが多くあるためです。逆に結婚相談所のようなところだと、参加が予約待ちになることが多いので、サクラを使うようなことはないとみていいでしょう。

お見合いパーティーの比較ランキングを参考にしてみてください。

自分次第のインターネット型


いわゆるネット婚活と呼ばれる分野です。ブライダルネット、マッチドットコム、ヤフー縁結びなどが大手です。仕組みはシンプルで、自分のプロフィールを公開した会員同士がお互いに希望に合う相手を検索し、メールのやり取りを通じて交際を始める形式となります。

サービス運営社はプロフィールを公開する場を提供しているだけですので、結婚相談所のように専任でカウンセラーがつくことはありませんので、マッチングからメール連絡、交際、結婚まですべて自分でやることになります。逆にいうと自分のペースで気軽に婚活ができるメリットがあります。

料金形態は入会金が不要か1万円程度で月額料金が2500円〜4500円程度となっています。基本的に月単位での休会・退会が自由となっており、違約金などもかからないため、手軽で安価なサービスとなっています。

選ぶ際の注意点はきちんと会員の身分確認をしているかどうかという点です。身分確認をしていないようなところだと、出会い系サイトのようにトラブルが発生することが多くなるので、避けた方が無難です。

どの婚活サイトがいいかは婚活サイトの比較ランキングを参考にしてみてください。